ブログトップ

東京目黒 岩盤浴スタッフ日記

stoneretch.exblog.jp

目黒駅から徒歩30秒のヒーリングスパ・ストーンレッチです

寝るダイエット。

 
 ご存知でしたか?

睡眠時間が少ない、あまりよく眠れない・・・
そういった不眠傾向の人は、太りやすくなってしまう!?

という事。



睡眠〟と〝健康〟は、大きな関わりがあります。

身体の健康管理に関して、興味深い情報をみつけたので載せたいと思います。


    ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


不眠傾向の人が太りやすくなってしまう原因は、主に3つ。
それぞれを詳しく説明すると・・・

1.コルチゾール
睡眠不足の状態は、それだけでストレスになりますよね。
ストレスを感じると、人間の体はさまざまなホルモンを分泌し、ストレスに対抗しようと働きます。
そのように、ストレスを感じると分泌されるホルモンの中に、「コルチゾール」というホルモンがあり、このホルモンには脂肪をため込む作用があるのです。
そのため、太りやすくなると言えるでしょう。

2.グレリンとレプチン
睡眠時間が短いと、食欲を刺激するホルモンである「グレリン」の分泌量が増え、逆に、食欲を抑制するホルモン「レプチン」の分泌量が減ってしまいます。
ですから、眠らずにいると食欲が増して、食べ過ぎにつながってしまうのです。

3.成長ホルモン
睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠があります。
この2つの睡眠のうち、深い睡眠のノンレム睡眠のときに、脂肪分解作用を持つ「成長ホルモン」が分泌されます。
でも、眠りが浅いなどの理由で不眠状態になると、成長ホルモンが十分に分泌されず、脂肪の分解が滞ってしまい、その結果、太りやすくなってしまいます。




つまり人間の体は、きちんと眠らないと、食欲が増して脂肪をため込みやすくなり、さらに脂肪の分解がされにくくなることから、太りやすくなるというわけです。

きちんと眠ることは、ダイエットの面だけでなく、体や脳を休めるためにも必要なこと。
普段から不眠傾向にある方は、生活習慣を見直し改善を心がけてください。


    ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 


確かに、夜中起きてると無償に空腹を感じること、ありますよね。
寝るときはしっかりと寝た方が良いということです。


睡眠時間はダイエットもそうですが、健康・美容ともつながっています。

それはまた次回・・・^^*


生活習慣を見直す”、とても大事なことですね。
仕事が忙しくてなかなか睡眠時間が取れない、という方でも、短い睡眠時間をどう充実させるかに目を向けてみると良いのではないでしょうか。

b0239118_14393794.jpg



タイ古式マッサージ&岩盤浴
 ヒーリングスパ ストーンレッチ目黒店

東京都品川区上大崎2-16-3 クリスタル羽山ビル3F

【電話番号(予約・問合せ専用)】0120-184-852
【営業時間】10:00-24:00(最終受付23:00)
【HP】 http://www.stone-retch.jp/
[PR]
by stoneretch | 2012-07-07 17:17